Resize ude
labsurde
Resize ude labsurde

折角なので、笑いについて書きます。

5 Works
Home
Portfolio
Activity
Favorite
Works

 折角の機会なので、この場では笑いについて、なにかしら書いてみます。
笑いって、特に不思議な感情で、喜怒哀楽のどれよりも意図的に生み出すことが難しいものだと思っています。この規則にさえ従えば確実に笑うという方程式はなく、島田紳助が笑いの世界に入った18歳にまず「笑いの教科書」をつくることから始めたように、それぞれが好きなお笑いを研究することで、あるいは実践によって経験的に学ぶことで、不明瞭な笑いの感情に多様な輪郭を与えています。

 その絶望的なまでの教科書のなさが、逆に自由な笑いを生み、漫画家と同じく自由を求めるクリエイターが日々新しい笑いを生産しています。教科書ができた途端、こうしたジャンルは伝統芸能と呼ばれ、内に閉じこもり始めるのかもしれません。この場では、その意味不明な笑いという感情について、漫才やコントを題材に、笑いについて何回かに分けて考えてみたいと思います。

前半は日村を笑ってもいいんだよ、とさせるムード作り

 今回の題材は、バナナマン「puke」。2002年及び2008年に公演されました。2002年の伝説のバナナマンライブ『ペポカボチャ』ですが、その多くは傑作選という形で数年後に再演されています。「puke」とはゲロの意味で、あらすじは、設楽の家に酔っ払って帰ってきた日村がゲロをしてしまった、というものです。

 設楽と日村は外で相当飲んできたらしく、特に日村はべろんべろんに泥酔したまま設楽の家に到着します。「ねえ今日家泊めてくれるかい?」「ここがお前の城か、狭いな。四方八方丸見えじゃ」「ねえ家賃300円ですか?」などと酔いに任せた発言を繰り返します。調子に乗っている日村に同情の余地はありません。

「シャワー浴びる?」と言う設楽に対し、「気を使うでないぞ、ワシは顔を洗うだけで十分じゃ。タオルはあるか」と言う日村。酔った勢いに任せたボケは止まりません。「ワリーズナブル」というフレーズをしつこく繰り返し、シャワーに向かう設楽を怒らせると、日村は洗面所で顔をスパスパと洗います。その直後、顔に水を浴びて落ち着いたのか、部屋の隅で大量のゲロを吐いてしまうのです。

ー 続きを見る ー
コンテンツをシェアする
Resize pike.001

 折角の機会なので、この場では笑いについて、なにかしら書いてみます。
笑いって、特に不思議な感情で、喜怒哀楽のどれよりも意図的に生み出すことが難しいものだと思っています。この規則にさえ従えば確実に笑うという方程式はなく、島田紳助が笑いの世界に入った18歳にまず「笑いの教科書」をつくることから始めたように、それぞれが好きなお笑いを研究することで、あるいは実践によって経験的に学ぶことで、不明瞭な笑いの感情に多様な輪郭を与えています。

 その絶望的なまでの教科書のなさが、逆に自由な笑いを生み、漫画家と同じく自由を求めるクリエイターが日々新しい笑いを生産しています。教科書ができた途端、こうしたジャンルは伝統芸能と呼ばれ、内に閉じこもり始めるのかもしれません。この場では、その意味不明な笑いという感情について、漫才やコントを題材に、笑いについて何回かに分けて考えてみたいと思います。

前半は日村を笑ってもいいんだよ、とさせるムード作り

 今回の題材は、バナナマン「puke」。2002年及び2008年に公演されました。2002年の伝説のバナナマンライブ『ペポカボチャ』ですが、その多くは傑作選という形で数年後に再演されています。「puke」とはゲロの意味で、あらすじは、設楽の家に酔っ払って帰ってきた日村がゲロをしてしまった、というものです。

 設楽と日村は外で相当飲んできたらしく、特に日村はべろんべろんに泥酔したまま設楽の家に到着します。「ねえ今日家泊めてくれるかい?」「ここがお前の城か、狭いな。四方八方丸見えじゃ」「ねえ家賃300円ですか?」などと酔いに任せた発言を繰り返します。調子に乗っている日村に同情の余地はありません。

「シャワー浴びる?」と言う設楽に対し、「気を使うでないぞ、ワシは顔を洗うだけで十分じゃ。タオルはあるか」と言う日村。酔った勢いに任せたボケは止まりません。「ワリーズナブル」というフレーズをしつこく繰り返し、シャワーに向かう設楽を怒らせると、日村は洗面所で顔をスパスパと洗います。その直後、顔に水を浴びて落ち着いたのか、部屋の隅で大量のゲロを吐いてしまうのです。